記事一覧

2人のチューダーとの出会い、惹かれるワケ

次に手に入れたのが、’78年に発表されたポルシェデザインの真っ黒な「コンパスウォッチ」で、これもどういうわけか自分のところに舞い込んできて。そうこうするうちに’90年代に入って、スウォッチとかGショックとかが流行り始めて、その辺もひと通りハマりましたね。昨日、家でこのチューダーの箱を探していたら、スウォッチが20本くらい出てきましたよ(笑)。



こちらがギャランティ。香港のショップで購入したことがわかる。
尾崎 ちゃんと取っておいているのがすごい(笑)。

吉原 僕は時計の中身のことはまったくわからないから、選択の理由は単純に「格好いい!」という直感だけ。だから、複雑な機械のゼンマイ式が欲しいとか、そういうのもまったくないんです。

尾崎 そういう意味でチューダーはぴったりのブランドだったわけですね。

吉原 しかも’80年代にはチューダーはまだそんなに高くなかったし。当時でもロレックスの「デイトナ」はウン十万円はしていたと思うので手が出なかった。それでも、このクロノタイムをしてショップに立っていると「いい時計していますね」とお客様から声をかけられていましたよ。尾崎さんは何本チューダーを持っているの?

尾崎 3本です。小ぶりなものばかりで、クラシックな顔のものが多いですね。



尾崎さんが持つ10数本の腕時計のうち、3本がヴィンテージのチューダー。かなりのチューダーラバーぶり。いずれも小ぶりなサイズ感。
吉原 すべてヴィンテージで買ったんですか?

尾崎 はい、’80年代は子供だったんで(笑)。最初の1本は今日着けているもので、22歳のときに買いました。’40年代のものらしいです。ちょうどショップのバイヤーになった頃にニューヨーク出張があって。アメリカにはずっと憧れていたので、初渡米にいい時計をしていきたいと思ったんですよね。で、いちばん気に入ったこれを選んだんです。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

パルミジャーニ・フルリエがスプリットセコンド式クロノグラフ搭載の「トンダ クロノール」を発売

パルミジャーニ・フルリエより、スプリットセコンド式クロノグラフを搭載する「トンダ クロノール」1型2種が発売される。

パルミジャーニ・フルリエ「トンダ クロノール」



パルミジャーニ・フルリエ「トンダ クロノール」
複雑機構であるスプリットセコンド式クロノグラフやビッグデイトを備えている。スーパーコピー時計複数の機能を持ちながらも美しくまとまったデザインとなっているのは、ミシェル・パルミジャーニが数多の名作に触れて培った審美眼があるからこそ。写真の18KRG製ケースの他、18KWG製ケースのモデルもラインナップされる。手巻き(Cal.PF361)。35石。3万6000振動/時。パワーリザーブ約65時間。18KRG(直径42.1mm、厚さ14.6mm)。30m防水。世界限定25本。1409万円(税別)。
次代へ受け継ぐに相応しい、温故知新のオートオルロジュリー
 同社の起源は1976年にミシェル・パルミジャーニ氏が設立した、ぜんまい仕掛けの作品を専門とする修復工房にさかのぼる。そこで彼は修復不可能とさえ言われていた1820年代のブレゲの同調時計の修復に成功し、時計業界にその名を轟かせることとなる。



視認性への配慮も見られる。異なるカラーを採用したふたつのクロノグラフ針は、スプリットセコンド機能使用時の誤認を防ぐためのものだ。また、ダイアル外周にはタキメーターとパルスメーター、2種類の目盛りがあるが、雑多な印象はない。
 その他、数々の複雑機構を持つ時計や、オートマタ(機械人形)の修復も手掛け、過去の名作を現代によみがえらせるという偉業を成し遂げてきた。しかし、彼は修復をするだけではなく、過去の名作たちが持つ機構や技法を後世に残すべく、時計制作へと足を踏み入れた。そうして1996年に誕生したのがパルミジャーニ・フルリエである。

 今回発表された「トンダ クロノール」にも、同社が培ってきたノウハウがふんだんに生かされている。オーデマピゲ コピーこのモデルの特徴でもあるスプリットセコンド式クロノグラフは、ふたつのコラムホイールによって制御され、精密な計時ができるようにテンプの振動数は3万6000振動/時を誇る。ストラップとサファイアクリスタルを除くほぼすべての構成部品は、それぞれ専門のマニュファクチュールが製造を手掛けており、信頼性も申し分ない。



ベゼルに施されたモルタージュ装飾や滑らかなラグの形状など、細部まで美しく仕上げられたケースである。リューズに設置されたボタンは、スプリットセコンド機能を使用するためのものである。
 優れているのは機構だけではない。ケースバックから覗く18KRG製の地板と受けを持つムーブメントや、ベゼルに施されたモルタージュ装飾、緻密に計算されたダイアルのデザインなど、そのどれもがオートオルロジュリーと呼ぶに相応しい佇まいを見せる。

 このモデルも同社が修復してきた過去の名作と同様に、未来へ受け継がれることとなるだろう。

【関連記事】:石川県の最新ファッションブランド情報

ミドー史上最薄の手巻き式ドレスウォッチ「バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション」を限定発売

ミドーが新しく「バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション」を発売した。このモデルは同社史上最薄の機械式時計であり、そのケース厚は6.3mmだ。その販売本数は2020本である。

ミドー「バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション」



ミドー「バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション」Ref.M037.405.36.050.00
ブラックのダイアルとローズゴールドカラーの針とインデックスがエレガントな印象をもたらしている。裏蓋はシースルーとなっており、巻き上げの楽しさを視覚的にも味わうことができる。手巻き(ETA7001ベース)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS+ローズゴールドPVD(直径39.0mm、厚さ6.3mm)。3気圧防水。世界限定2020本。14万円(税別)。
 ミドーは、1918年の創業以来同社が発売してきたモデルの中で、最も薄いケースを持つ機械式時計として、「バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション」を数量限定で発売する。数量は2020本、2020年6月以降発売予定だ。

時計製造の歴史に敬意を表した、クラシックなスタイルが魅力の薄型モデル

このモデルの特徴は何といってもそのケースの薄さである。6.3mmという薄さを実現させることができた最大の理由は、ETA7001をベースとした手巻きムーブメントの採用であろう。開発からもうすぐ半世紀が経とうとするETA7001(プゾー7001)は、薄型の名機として多くのブランドが採用してきた。自動巻きを得意とする同社において、グループのシナジーを活かしつつ薄型手巻き式という新たなジャンルに挑戦するうえで、ETA7001をベースとしたことは当然の選択であったと考えられる。

 ダイアルはブラックポリッシュ仕上げのラッカー塗装となっており、細めのインデックスや針と組み合わさることでエレガントにまとめられている。3時位置にはさりげなく“LIMITED EDITION”の文字が添えられおり、限定モデルならではの特別感を演出している。ローズゴールドPVDが施されたステンレススティール製のケースは裏蓋側に向かって優雅なカーブを描いており、同コレクションの特徴をしっかりと受け継いでいることが分かる。裏蓋はシースルーとなっており、きれいなジュネーブストライプが施されたムーブメントを鑑賞することが可能だ。

 自動巻きに注力してきた同社だけに、限定モデルとはいえ手巻きムーブメントを搭載したモデルの発表は思いも寄らなかったのではないだろうか。今後の展開に一層期待したい。

フォルティスがデザインを一新した「フリーガー」4モデルを発表

1987年の誕生以来、プロフェッショナルに支持されてきたフォルティス「フリーガー」の4モデルが2020年に一新された。新たに取り入れられた「シンクロライン」と「ブリックストラック」というふたつのデザイン要素は、さらなる視認性や実用性の向上に寄与している。



随所にあしらわれた蛍光オレンジが、マットなブラックダイアルに映える新生「フリーガー」。


旅人のためのトリプルGMT
フォルティスは創業以来、プロフェッショナルから信頼される時計を生産し続けてきた。「デザインのないところに機能は存在せず、その逆も然り」という同社のモットーが示す通り、新生フリーガーは新しいムーブメントやデザイン要素を採用し、パイロットウォッチとしての機能性、実用性を向上させている。



フォルティス「フリーガー F- 43 トリプルGMT」
自動巻き(Cal.WERK13)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。Ti(直径43mm)。20気圧防水。45万円(税別)。2021年1月発売予定。
「フリーガー F- 43 トリプルGMT」は世界中を飛び回る旅人のために開発されたGMTウォッチだ。航空宇宙分野でも用いられる、堅牢で軽量なチタンをケースとブレスレットに採用し、着用時の腕への負担を軽減している。

 マットなブラックオバリンのダイアルには、新しいフリーガーシリーズに共通するふたつのデザイン要素が取り入れられた。ひとつめは「シンクロライン(SYNCHROLINE®︎)」。これは軌道調整ユニットと呼ばれ、ダイアル上の±5秒の位置に配されたオレンジ色のラインのことを指す。航空機のパイロットが隊列飛行をする際、チームメイトの動きに合わせて軌道を修正するためのものである。もうひとつは「ブリックストラック(Brixtrack®︎)」と名付けられた、ダイヤル外周の円形のトラックだ。ブロック状のスーパールミノバを配することで、暗所での視認性を向上させる役割を果たしている。


この時計のムーブメントにも注目したい。搭載されるのは、フォルティスが新たにパートナーシップを結んだ機械式のムーブメントメーカー、ケニッシ社製のキャリバーWERK13である。両側から支えられるテンプ受けに代表されるように、衝撃に耐えるための堅牢な設計を持つほか、約70時間のパワーリザーブで実用性も期待できる。

【関連記事】:東京都の最新ファッションブランド情報