記事一覧

2人のチューダーとの出会い、惹かれるワケ

次に手に入れたのが、’78年に発表されたポルシェデザインの真っ黒な「コンパスウォッチ」で、これもどういうわけか自分のところに舞い込んできて。そうこうするうちに’90年代に入って、スウォッチとかGショックとかが流行り始めて、その辺もひと通りハマりましたね。昨日、家でこのチューダーの箱を探していたら、スウォッチが20本くらい出てきましたよ(笑)。



こちらがギャランティ。香港のショップで購入したことがわかる。
尾崎 ちゃんと取っておいているのがすごい(笑)。

吉原 僕は時計の中身のことはまったくわからないから、選択の理由は単純に「格好いい!」という直感だけ。だから、複雑な機械のゼンマイ式が欲しいとか、そういうのもまったくないんです。

尾崎 そういう意味でチューダーはぴったりのブランドだったわけですね。

吉原 しかも’80年代にはチューダーはまだそんなに高くなかったし。当時でもロレックスの「デイトナ」はウン十万円はしていたと思うので手が出なかった。それでも、このクロノタイムをしてショップに立っていると「いい時計していますね」とお客様から声をかけられていましたよ。尾崎さんは何本チューダーを持っているの?

尾崎 3本です。小ぶりなものばかりで、クラシックな顔のものが多いですね。



尾崎さんが持つ10数本の腕時計のうち、3本がヴィンテージのチューダー。かなりのチューダーラバーぶり。いずれも小ぶりなサイズ感。
吉原 すべてヴィンテージで買ったんですか?

尾崎 はい、’80年代は子供だったんで(笑)。最初の1本は今日着けているもので、22歳のときに買いました。’40年代のものらしいです。ちょうどショップのバイヤーになった頃にニューヨーク出張があって。アメリカにはずっと憧れていたので、初渡米にいい時計をしていきたいと思ったんですよね。で、いちばん気に入ったこれを選んだんです。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

コメント一覧

最も手頃なブランドの専門店 URL 2021年08月31日(火)17時51分 編集・削除

人気ブランドから春夏の新作財布が続々登場,きれいめ女性の大定番!